おでん、柿ピー、藤谷治「小説は君のためにある」

おでん(手羽中肉、竹輪、蒟蒻(小)、水×1000ml、醤油×大匙2、味醂×大匙1、
塩×小匙0.5、カツオ顆粒出汁×小匙2、昆布顆粒出汁×4g)

竹輪は斜めに2等分、蒟蒻は一口大のサイズに切り隠し包丁を入れる。
鍋に具材、水、調味料を入れて煮込んで完成。

冷酒と共に食す。

美味い。優しい味付けでながら旨味がしっかり感じられる。
竹輪はプリプリ、蒟蒻も味が乗っている。そして手羽中はホロホロでいくらでも
食べられる。

ただ、酒のツマミとするなら醤油と味醂は+大匙1とカツオ顆粒出汁+小匙1でも
良いかも。
が、今日のレシピでも十分におでんを楽しめる。

〆は冷凍うどんをぶっこむ。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

  

柿ピー

酒好きなら皆大好物(?)の柿ピーと無糖レモンサワー。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

  

藤谷治「小説は君のためにある」

一昨日完読。

ボリューム自体は少なく、読みやすく小説好きにはとても刺さる内容だった。

読む前は「本を読む本」の様な読書に対するディープな実用書の様なイメージを持っていたが
そうでは無く、著者の文学や小説についての根源的な価値について(表現的には)分かり易い言葉
で伝えてくれて、少なくとも僕には人として生きる上で小説を読むことは非常に大切なことだと
認識させられた。

特に以下の文章が非常に心に刺さった。

同時に、「すべての人が君と同じように、『 自分』なのだ」という意味での「 自分は一人ではない」 ということも、小説を読む経験は、君に伝えるのだ

藤谷治. 小説は君のためにある ──よくわかる文学案内 (ちくまプリマー新書) (p.94). 筑摩書房. Kindle 版.

  

ランキング参加中↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント