叉焼、おつまみ胡瓜、今野敏「同期シリーズ」

叉焼(豚バラブロック肉×400g位、醤油×大匙4、砂糖×大匙2、酒×大匙2、
大蒜・生姜チューブ×5cm位)

ブロック肉を輪切りにしてフォークで穴を開ける。タッパに肉と調味料を入れ、数時間寝かせて
トースターで焼いた。

ジューシーなバラ肉の脂と旨味が甘辛タレとマッチして、箸が進む。
白米が欲しくなる味だな。

  

おつまみ胡瓜(胡瓜×2本、ゴマ油×小匙2、塩×小匙1、大蒜チューブ×3cm位)

胡瓜を砕き、調味料と和えた。
いわゆるヤミツキ胡瓜。瑞々しい歯応えとゴマ油の風味が食欲をそそる。
止まらないな。ひめぜんも進む。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

  

今野敏「同期シリーズ」

小説現代で著者を知り、「同期」を読み進めていた。今朝方「同期」を読み終え、夕方に「欠落」
を読み終え、今は「変幻」を読み進めている。

今まで刑事物には興味が無く、殆ど読んで来なかったが今野敏の作品は読み始めると止まらない。
シンプルで平易な文章で読みやすく、テンポが良い。
また、常に物語の核心がチラつく展開でどんどん読み進めたくなる。
序盤から終盤まで進行速度が一定では無く、常に少しずつ加速していてハマってしまう。 

  

ランキング参加中↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント